<労働相談>
   労働問題で、悩みや困っている方、
   何か相談したい場合など、
   以下に連絡してください。
 ☆東芝の職場を明るくする会
     メール akaruku-tsb@kki.ne.jp
     TEL 044-555-4190
(電話がつながらない場合はメールでお願いします。)
 ☆電機情報ユニオン
 ☆電機労働者懇談会(ELIC)
<会の紹介>
 ☆会則
 ☆連絡先
 ☆親睦・交流
 ☆文芸の部屋
 ☆リンク・資料

東芝傘下で働く皆様へ訴えます。
 東芝は子会社、関連会社を含めてそこに働く社員を退職させようと迫っています。  経営者の経営失敗の責任を、正直に働く労働者に犠牲を押し付けています。  これを、撥ねつけようではありませんか?  一人で悩むより、まずは第一歩として、「東芝の職場を明るくする会」や 「電機情報ユニオン」に連絡してください。

★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
  1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
  2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
   頑張らせてください。」
と答えましょう。
   会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙って
   いましょう。    短気は損気、頭に来たら負けです。
  3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言い
   ましょう。
  4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりん
   で、違法です。 そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を
   明るくする会」や、電機・情報ユニオンに相談してください。
転籍協定書
雇用対策法
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
最新情報
青梅工場跡 2019年03月17日の風景
青梅工場跡 2018年12月16日の風景
福島原発被害は今も続く

東芝は企業再生の名のもとに、社員を呼びだしての退職強要が行われています。
−「退職勧奨マニュアル」の手口で、社員を退職に追い込む非情さ−

 今、各職場で行っているリストラは、「退職勧奨マニュアル」に記載されている手口と同じです。
 会社が一方的に決めたリストラ対象者の社員を、所属上司の部長が呼び出し「会社を辞めてほしい」と、上位下達する。  このとき部長はノートのメモなどを見ながら、慎重に話をしています。  これは「退職勧奨マニュアル」が、面談時に強制的、強迫的言動を使うと、後の裁判などで不利になるからと厳禁しているからです。  また社員のほうから質問しても、部長は「確認して回答します」と言って、面談時に即答しません。  総務勤労部と相談して、数日後に回答してきます。
「退職勧奨マニュアル」が厳禁しているNG発言の例は、以下のようなものです。
 ・君の席はない
 ・辞めなければ遠隔地転勤させるぞ
 ・無駄飯を食わせる余裕はない
 部長は退職してもらいたい理由として「あなたの能力、および今の仕事から見て、会社の厳しい状況を考えると、今の職場で仕事を続けてもらうことはできない。」 と言ってきます。  これも「退職勧奨マニュアル」が、リストラ対象者に「厳しい現実」を突きつけ、自主退職へと導くよう指示しているからです。
 さらに部長は、「いま退職すれば、退職加算金を支給します。」とか、「転職先としてリーディング・エッジ社(派遣会社)を紹介します。」などと、 会社が親身になっているように話してきます。  「退職勧奨マニュアル」は、良き理解者という関係を確立することが重要と指示しています。 まさに「アメとムチ」の手法です。
 さらに「退職勧奨マニュアル」は、リストラ対象者の一般的な心の動きまで図解化して、それぞれの状況における対応の仕方を指示しています。  いま職場では、リストラ業務を担わされている部長たちが、頻繁に会議を行って、リストラ人数の目標達成に駆り立てられています。  大元の総務勤労部は、まったく表に出てきません。  「退職勧奨マニュアル」が「退職勧奨を行う直属の上司は、安易な姿勢では使命を果たせない。目的達成への強い決意が必要。」と厳命しているからです。  不本意なリストラ業務を行う部長たちも、犠牲者かもしれません。
 2016年3月、東芝は14,000人ものリストラを行い、社会問題になりました。  そのとき「今後はリストラは行わない。残った従業員で力を合わせ、東芝の再生に取り組みます。」と表明したのに、 その約束を反故にした経営陣に、強い怒りを感じます。ただちにリストラは止めてください。
2019/05/16
パソコン事業のダイナブック社は黒字になりました。
−東芝関係者取材レポート、その2−

 パソコン事業の東芝クライアントソリューション社は、2018年10月にシャープ株式会社へ譲渡され、 社名も「Dynabook株式会社」(ダイナブック社)に変わりました。  ダイナブック社の現状について、ダイナブック社の社員になられた皆さんからお話を聞きました。
***3月決算は黒字、受注は右肩上がり***
 --業務増大、人手不足、活発な中途採用--
 ・3月決算は黒字で社内は明るいです。
 ・新規受注が好調です。
 ・次から次へと仕事が入って来て、人手が足りない。
 ・残業で忙しい。
 ・中途採用を活発に行っている。
 ・ダイナブック社の製品は、ノート型パソコンです。  ディスクトップ型パソコンは東芝時代に生産から撤退し、久しいです。  ついに今回、ディスクトップ型パソコンの生産を再開することにしました。  いまその製品開発で忙しい状況です。
 ・東芝時代は55才で役職定年になりましたが、ダイナブック社は、役職定年を廃止しました。  仕事ができればいつまでも役職として働けるようにしました。ヤル気がでます。
●パソコン事業は、西田社長や田中社長の時代に不正会計処理に利用されました。  また再三にわたってリストラが行われ、従業員は苦しめられてきました。  ダイナブック社に変わり、明るい兆しが見えて、喜んでいました。
2019/05/09
執拗な退職強要
−東芝関係者取材レポート、その1−

 東芝の職場を明るくする会は、3月末から5月6日にかけて、東芝の現役従業員、リストラで3月末に退職された従業員、 OBの元従業員の方などを取材しお話を聞きました。  東芝の経営について、経営陣や上司のあるべき姿、今回のリストラのようす、中国や韓国の電機メーカーの動向など、たくさんのお話、ご意見を聞くことができました。
 東芝本社部門で働くAさんの職場でも、リストラ、早期退職募集が行われました。  仕事はあるのに退職募集を行ったのは、人員削減が東芝Nextプランの方針だからでした。  Aさんは、在籍部門の業務のキーマンでしたが、上司は執拗に退職強要を迫りました。  その結果、Aさんを含め、削減目標人員の2倍にあたる従業員が退職させられました。  大量の退職者に経営陣もあわてて、一部の従業員に引き留めの工作も行われました。  Aさんは、退職を強要した会社や上司の態度に怒りを覚えましたが、東芝マンとしての誇りを持って、仕事をきちんと後輩に引き継ぎました。  現在Aさんは、東京都内で求職活動を行っています。
 別の部門で働いていたBさんも、仕事のエキスパートでした。  Bさんの抜けた職場では、Bさんのやっていた仕事をこなすため、2人の人員が割り当てられました。
 東芝Nextプランとは、人件費削減して、目先の利益を追っている施策ではないでしょうか。
2019/04/25
東芝青梅城の滅亡
−これからの時代、雇用と地域経済を守る経営が求められる−

 東芝の職場を明るくする会のホームページの読者から、東芝青梅工場(事業所)閉鎖後の、最近のようすを知りたいというリクエストがありました。  会は4月19日から3日間、東芝青梅工場の周辺地域、青梅市に取材に入りました。  明るくする会のホームページのトップ画面には「青梅工場跡」という写真集を掲載していますのでご覧ください。
 東芝は2015年12月、突然に東芝青梅工場(事業所)の閉鎖を発表しました。  東芝は経営の失敗や粉飾決算で、経営が厳しくなったので、東芝青梅工場を閉鎖するというのです。  東芝青梅工場は1968年に東京都青梅市末広町で操業を始めました。  敷地面積は12万平米(東京ドーム2.5個分)の広大な土地に5棟の工場ビルを建て、ピーク時には4500人の労働者が働いていました。  また工場周辺に多数の下請け会社を持っていました。  東芝青梅工場の存在は、雇用の場を提供し、地域経済を潤してきました。  東芝青梅工場のアクセス駅、青梅線小作駅周辺は、東芝の城下町として栄えました。  飲食店が立ち並び賑やかな街でした。  突然の東芝青梅工場閉鎖の発表に、青梅市、市民から驚きの声があがり、雇用と地域経済を守れの市民運動が起こりました。  2016年3月には周辺地域の青梅市長、羽村市長が、東京浜松町の東芝本社に出向き、室町社長(当時)に会って、青梅工場の存続を申し入れました。  しかし、東芝は2017年3月に東芝青梅工場を閉鎖してしまいました。
 工場閉鎖から2年、取材に入って驚きました。  東芝の城下町だった青梅線小作駅周辺の街は、明かりが乏しく暗くなっていました。  歓楽街は消えていました。  東芝青梅工場の近くにあった中華料理屋さんも閉店していました。  昼休みと退社時間後の店の賑わいは、いまは思い出になりました。
 4月21日は東京都青梅市議会議員選挙の投票日でした。  今回の市議会議員の立候補者の中に、東芝青梅工場(事業所)の代表者はいませんでした。  東芝青梅工場は、1975年から青梅市議会に、工場の代表者を市議会議員にして送りこんできました。  市議会議員選挙は、東芝青梅工場の丸抱えで行いました。  候補者カーの運転手、ウグイス嬢は従業員にやらせる。  従業員を使って、工場体育館に設置した臨時電話で票読みをさせる。  従業員に有権者宅を訪問させ票読みをさせる。  下請け会社に票を割り当て、名簿を提出させる。  下請け会社は、東芝から仕事をもらうために、やむなく協力しました。  世間から企業ぐるみ選挙の批判があっても、東芝は大企業の経済的力をバックに、批判を抑え込んできました。
 今回の市議会議員選挙が始まる前の、地域ローカル新聞の報道では、現職の工場代表の市議会議員は、立候補の予定となっていました。  しかし、東芝の力がないと、選挙期間中の活動、候補者カーの運行、ウグイス嬢や運動員の確保などをすることができないし、 まして票読み、当選の見通しが立たないようで、立候補を取り止めました。  東芝青梅工場49年間の歴史、青梅市議会に工場代表者を送りこんで44年間、これで東芝青梅工場の姿は消えました。  東芝青梅城の滅亡です。  利益優先で、儲けるためには雇用も地域経済も破壊していく企業経営は、いかがなものかと思います。  企業活動の在り方を変えていかなければ、市民も国民も、国も生きていくのが難しい時代になってしまっていると、強く感じました。
2019/04/18
東芝マンの誇りを胸に、頑張ります
−出向部屋に送られましたが、くじけません−

 東芝エネルギーシステムズ社(ESS)や東芝デジタルソリューション ズ社(TDSL)で実施された早期退職の強要によって、 数百名の従業員が、東芝を辞めていきました。
 早期退職の強要をはねのけた従業員のなかに、4月1日付で、世間で一般的に「出向部屋」「追い出し部屋」「隔離部屋」 と呼ばれる部署に配転させられた従業員が数十名います。  しばらくは教育・研修が行われます。  5月ごろから、他の職場や他の会社に応援に行かされるとのことです。  「出向部屋」「追い出し部屋」「隔離部屋」の従業員は、パソコンを持たされません。  名刺も作成してもらえません。
 「出向部屋」「追い出し部屋」「隔離部屋」の従業員から「めげずに頑張っています。」との声が、東芝の職場を明るくする会に届きました。  明るくする会は、リストラ、労働条件など職場でのお困りのこと、 どんな相談にも対応いたします。  相談者、相談内容は、保護されて外部には漏れません。  安心してご相談ください。  内容によっては弁護士も一緒になって対応いたします。
2019/04/12
従業員の人生を壊さないでください
−早期退職の強要は、支援ではありません−

 東芝の職場を明るくする会に、従業員の皆さんから「会社から早期退職を強要されて困っている。」という相談が、たくさん寄せられてきました。
 その中でA子さん、B男さんの例を紹介します。  お二人とも今年の1月から、何回も上司や総務人事担当者に呼び出され、下記のような内容で早期退職を強要されました。
●4月以降あなたの職場はありません。
●あなたの経験にに合った仕事を、4月以降提供するのは難しいです。
●あなたを最大限支援するための、早期退職優遇制度であり、再就職支援制度です。  NEXTプランの一環としてやっています。  あなたを最大限支援させていただくというのが、会社の考え方です。
●4月以降出向されて、そこの仕事があなたに合わなくて、(自己)退職される。  その時になって、早期退職優遇制度を使っていればよかったと思っても遅いです。  私はあなたを助けたいと思って、早期退職優遇制度の申し込みを進めています。
●東芝は非常に厳しい状態です。  もともと10兆円規模の会社だったのが、今度は3兆円・4兆円になるわけですから。  そうすると、それに見合った体制にしていかないといけなくなってきた。  それであなたに合った仕事を4月以降提供するのは難しくなりました。  「車谷会長も、(従業員削減は)自然減、自然減と新聞では報道されましたが、必要ならそれぞれの事業部で、どんどん(従業員削減を)やるんですと話しているんです。」
●早期退職優遇制度については、労働組合にも提案して了解意を得ています。  その上でお話をさせてもらっています。
●最終的には、早期退職に応ずるかどうか決めるのは、あなたの判断です。
 A子さんは会社の執拗な退職強要に耐えきれなくて、無念の思いで退職されました。  会社の説明は、話があへこべです。  早期退職優遇制度は、支援ではありません。  従業員を助けたいのなら、早期退職の強要を止めてください。
2019/04/04
優秀な人材を失わないために
−定年まで安心して働ける会社にしてください−

 東芝で働く中堅の従業員のSさんからお話を聞きました。  Sさんが話されたなかに、優秀な若い従業員E君の退職のことがありました。  E君は仕事ができ、ゆくゆくは事業部の技術を担うメンバーになってくれると、期待していました。  ところが、そのE君が東芝を辞めてしまったのです。  Sさんの話によると、ここ数年に渡って続いている東芝のリストラ、早期退職強要を見ていたE君は 「いま自分は年齢が若いから、リストラの対象になっていないけど、将来年齢が高くなると、リストラされるのでは」 と心配して、東芝を辞めることにしたとのことです。  E君は、他の会社に就職されました。
 Sさんとは別の職場から、明るくする会に、次のような職場の声が届きました。  東芝の早期退職対象者は45歳以上になっています。  早期退職対象者の年齢を35歳以上にしてくれないかという意見が出たとのことです。  理由は、早期退職加算金の支給を受けたいからです。
 どちらの話も、心が痛みます。  以前のように、定年まで安心して働ける東芝に戻れるように、従業員力を合わせて頑張って行きましょう。  経営陣に、人減らしリストラをしないで、人材を活用し東芝の再建を計る道を進むように、強く要求して行きましょう。

続きは「こちら」から
 ★リストラに関することは、なんでも「東芝の職場を明るくする会」にご相談ください★
  粉飾決済、原子力事業の損失、そして主要事業の売却などにより、東芝とその関連会社に
  働く労働者と家族が犠牲にされています。
  職場からは不安や心配の声が出ています。既にいくつかの相談が「明るくする会」に
  よせられています。どんなことでもかまいません。不安や心配なこと、困ったことなど、
  遠慮なく東芝の職場を明るくする会にご相談ください。

  東芝リストラ対策会議、電機情報ユニオン全労連に相談してもかまいません。
  親身になって対応いたします。

 ★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
   1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
   2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
    頑張らせてください。」
と答えましょう。
    会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙っていましょう。
    短気は損気、頭に来たら負けです。
   3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言いましょう。
   4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりんで、
    違法です。そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を明るくする会」
    や、電機・情報ユニオンに相談してください。
企業の身勝手なリストラを許さない雇用対策法(投稿)
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
サイト内検索:
AND OR
<<知って役立つ情報>>
−−情報一覧−−
2018年の情報一覧
他年度の情報・資料
2019/05/16  パソコン事業のダイナブック社は黒字になりました。
          −−東芝関係者取材レポート、その2−−
2019/05/09  執拗な退職強要
          −−東芝関係者取材レポート、その1−−
2019/04/25  東芝青梅城の滅亡
          −−これからの時代、雇用と地域経済を守る経営が求められる−−
2019/04/18  東芝マンの誇りを胸に、頑張ります
          −−出向部屋に送られましたが、くじけません−−
2019/04/12  従業員の人生を壊さないでください
          −−早期退職の強要は、支援ではありません−−
2019/04/04  優秀な人材を失わないために
          −−定年まで安心して働ける会社にしてください−−
2019/03/28  東芝の再生のために、その3
          −−労働組合に求められるもの−−
2019/03/22  東芝の再生のために、その2
          −−現場、現実をしっかり見据えて、理に会った経営に−−
2019/03/18  東芝の再生のために、その1
          −−豊富な人材を活用する経営に−−
2019/03/10  早期退職強要面談は止めてください。違法です。
          −−東芝の職場を明るくする会が車谷会長に要請−−
2019/03/06  私は辞めません。東芝で頑張ります。
          −−東芝をダメにした経営者、幹部役職者こそ辞めろ−−
2019/02/26  50代だから解雇していいなどと言うのは許せません
          −−従業員の年齢構成で50代が多いのは理由があります−−
2019/02/19  再三呼び出され「会社を辞めろと」言われ、家族で途方に暮れています
          −−退職強要は違法です−−
2019/02/12  人材を活用した経営努力を
          −−パワハラ早期退職募集は許せません−−
2019/02/05  事業の企画力強化、具体化、および社風の改善が急務
          −−職場アンケートの中間報告4−−
2019/01/30  経営困難に至った原因を明らかにし、従業員の努力に報いよ
          −−職場アンケートの中間報告3−−
2019/01/23  安易な人員削減を止めて、雇用を守る努力を
          −−職場アンケートの中間報告2−−
2019/01/16  5年間で7000人の人員削減に心配の声
          −−職場アンケートの中間報告1−−
2019/01/08  東芝の工場の警備員になることが希望でした
          −−東芝セキュリティ(株)の売却にショックを受けた元従業員−−
2018/12/22  リストラで退職の道を選んだ30代の(元)従業員
          −−これから先の生活を考えると不安です−−
2018/12/12  働く者の生活向上と社会貢献の道に活きる「東芝N e x t プラン」にしましょう
          −−明るい会が東芝の事業所門前で宣伝−−
2018/12/05  「東芝Nextプラン」の「サイバー技術とフィジカル技術を融合して…」は既存でした
          −−「東芝Nextプラン」発表後の職場のようす−−
====================================
職場だより
投 稿
行動レポート
支援活動
職場アンケートから
職場アンケート(1)2019/01/16
〜職場アンケート(4)2019/02/05
職場アンケートから
職場アンケート(1)2017/10/08
〜職場アンケート(4)2017/10/28
●東芝の労務管理と秘密組織「扇会」の検証
 上司にモノが言えない社風を作った(1)〜(4)
●消え行く東芝青梅工場●
●新聞記事より●
2017年8月、9月配布ビラ −原発失敗のツケを労働者や取引企業にまわすな−
2018年配布ビラ
東芝&TDSLは出向や退職勧奨の面接強要やめよ。
東芝はグループ会社移籍後の雇用と労働条件を守れ。
東芝は人材を生かして再生を。パワハラ面談を禁止せよ。
東芝の職場を明るくする会   連絡先 TEL044-555-4190 メール akaruku-tsb@kki.ne.jp