<労働相談>
   労働問題で、悩みや困っている方、
   何か相談したい場合など、
   以下に連絡してください。
 ☆東芝の職場を明るくする会
     TEL 044-555-4190
     メール akaruku-tsb@kki.ne.jp
 ☆電機情報ユニオン
 ☆電機労働者懇談会(ELIC)
<会の紹介>
 ☆会則
 ☆連絡先
 ☆親睦・交流
 ☆文芸の部屋
 ☆リンク・資料

東芝傘下で働く皆様へ訴えます。
 東芝は子会社、関連会社を含めてそこに働く社員を退職させようと迫っています。  経営者の経営失敗の責任を、正直に働く労働者に犠牲を押し付けています。  これを、撥ねつけようではありませんか?  一人で悩むより、まずは第一歩として、「東芝の職場を明るくする会」や 「電機情報ユニオン」に連絡してください。

★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
  1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
  2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
   頑張らせてください。」
と答えましょう。
   会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙って
   いましょう。    短気は損気、頭に来たら負けです。
  3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言い
   ましょう。
  4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりん
   で、違法です。 そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を
   明るくする会」や、電機・情報ユニオンに相談してください。
2019年春闘
生活改善要求アンケート

 電機懇の生活改善要求アンケート
 にご協力ください。
転籍協定書
雇用対策法
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
最新情報
青梅工場跡 2018年12月16日の風景
福島原発被害は今も続く

東芝は企業再生の名のもとに、社員を呼びだしての退職強要が行われています。
−「退職勧奨マニュアル」の手口で、社員を退職に追い込む非情さ−

 今、各職場で行っているリストラは、「退職勧奨マニュアル」に記載されている手口と同じです。
 会社が一方的に決めたリストラ対象者の社員を、所属上司の部長が呼び出し「会社を辞めてほしい」と、上位下達する。  このとき部長はノートのメモなどを見ながら、慎重に話をしています。  これは「退職勧奨マニュアル」が、面談時に強制的、強迫的言動を使うと、後の裁判などで不利になるからと厳禁しているからです。  また社員のほうから質問しても、部長は「確認して回答します」と言って、面談時に即答しません。  総務勤労部と相談して、数日後に回答してきます。
「退職勧奨マニュアル」が厳禁しているNG発言の例は、以下のようなものです。
 ・君の席はない
 ・辞めなければ遠隔地転勤させるぞ
 ・無駄飯を食わせる余裕はない
 部長は退職してもらいたい理由として「あなたの能力、および今の仕事から見て、会社の厳しい状況を考えると、今の職場で仕事を続けてもらうことはできない。」 と言ってきます。  これも「退職勧奨マニュアル」が、リストラ対象者に「厳しい現実」を突きつけ、自主退職へと導くよう指示しているからです。
 さらに部長は、「いま退職すれば、退職加算金を支給します。」とか、「転職先としてリーディング・エッジ社(派遣会社)を紹介します。」などと、 会社が親身になっているように話してきます。  「退職勧奨マニュアル」は、良き理解者という関係を確立することが重要と指示しています。 まさに「アメとムチ」の手法です。
 さらに「退職勧奨マニュアル」は、リストラ対象者の一般的な心の動きまで図解化して、それぞれの状況における対応の仕方を指示しています。  いま職場では、リストラ業務を担わされている部長たちが、頻繁に会議を行って、リストラ人数の目標達成に駆り立てられています。  大元の総務勤労部は、まったく表に出てきません。  「退職勧奨マニュアル」が「退職勧奨を行う直属の上司は、安易な姿勢では使命を果たせない。目的達成への強い決意が必要。」と厳命しているからです。  不本意なリストラ業務を行う部長たちも、犠牲者かもしれません。
 2016年3月、東芝は14,000人ものリストラを行い、社会問題になりました。  そのとき「今後はリストラは行わない。残った従業員で力を合わせ、東芝の再生に取り組みます。」と表明したのに、 その約束を反故にした経営陣に、強い怒りを感じます。ただちにリストラは止めてください。
2019/02/12
人材を活用した経営努力を
−パワハラ早期退職募集は許せません−

 東芝の職場を明るくする会は、「東芝Nextプラン(2018年11月8日)」 発表以降、職場アンケートを行い、東芝再生を願う従業員の声を聞い てきました。
 従業員の皆さんの意見や、明るくする会に寄せられてい る相談内容を基にして、「東芝Nextプランが、働く者の生活向上と社 会貢献の道に活きるようにしよう」と呼びかけるビラを作成し、東芝 京浜事業所の門前などで配布しました。
 ビラ(添付PDF参照)は、 東芝が目指す「デジタルトランスフォーメーション」や「CPSテクノロジー」 の基礎には「人間尊重」と「人材育成」の経営方針がつらぬかれるべきですと述べています。  そして、東芝経営者に求められているのは、「人員削減、株主への利益還元」 という投資ファンドの短期的利益・圧力に流されず、豊富な人材を新 しい事業に振りむけ、成長する展望を示すことですと呼びかけています。
 東芝エネルギーシステムズ社(ESS)や東芝デジタルソリューション ズ社(TDSL)で始まっている早期退職面談には、あらかじめ削減対象 者をリストアップして、強権的に説得するものもあり、パワハラであり許 されないと述べています。
 「少なくなった人員で苦労している。 残業が減って生活が苦しい。  昇格と賃上げが切実に必要です」、「春闘では、緊急対策の減収分を おぎなう特別一時金を要求してほしい」など従業員の切実な声を載せています。
2019/02/05
事業の企画力強化、具体化、および社風の改善が急務
−職場アンケートの中間報告4−

「東芝Nextプランで、東芝はサイバー技術とフィジカル技術を融合して社会的な課題の解決に貢献する企業になる、と言っていますが」 の質問に対する回答は、次のようになりました。
  ・12%…納得できる
  ・44%…抽象的で納得できない
  ・31%…他社の物まねだ
  ・13%…分からない
 【添えられていた意見】
   ●今後必然とそうなっていく時代の流れであり、そういう企業でなければ、生き残っていけいないと思います。
   ●「東芝Nextプランで、社会的な課題の解決に貢献する企業」と言っているが、はっきり言って古い。  他社は先を見て既に実施している。 それだけ粉飾問題の年月は、東芝の成長を止めた、大きい事件だった。
   ●既に遅い、遅れている。
   ●具体性が全くなかった。逆に不安になった。
   ●社外向けの言葉でしかない。
「物言えぬ風土、上司に逆らえない空気、パワハラ、チームワークなどの問題が、再三指摘されていますが、改善が進んでいますか」 の問いに対する回答は、次のようになりました。
  ・13%…改善が進んでいる
  ・62%…改善が進んでいない
  ・25%…どちらともいえない
 【添えられていた意見】
   ●社風を変えるのは社員一人ひとりですので、組織的に東芝グループ企業の間で人材交流を行って、様々な環境を経験させるようなシステムが必要に思います。
   ●AIもさらに進歩する時代、未来を見すえ、会社を成長させられる人材の育成をお願いしたい。
   ●仕事ができない人が上にたっても何も変わらない。
   ●年功序列の考え方を変えるべきだ。人材を良くしていくべきだ。
   ●改善のシステムが機能していない。
   ●上司からのパワハラが続いている。
「東芝労組に何を期待しますか」の質問に対する回答は、次のようになりました(複数回答)。
  ・56%…配置転換、出向、転籍では個人の意思を尊重する
  ・38%…賃上げを頑張る
  ・25%…「緊急対策」の減収分を特別一時金で要求する
  ・13%…気軽に相談できるようにしてほしい
◎回答集計から見えてきたのは、原子力事業へ投資を集中させた、バランスを欠いた経営が続いたため、 他の事業が資金不足などで、他社や時流から遅れてしまったこと。  社会を震撼させた粉飾決算への対応、処理で人と時間の浪費が続いたことなどで、東芝が厳しい状態にあるなか、 それを乗り越えて行こうとする従業員の真摯な姿でした。  経営陣の職場に目を向けた奮起、労働組合役員の自主性の発揮が願われています。
2019/01/30
経営困難に至った原因を明らかにし、従業員の努力に報いよ
−職場アンケートの中間報告3−

「米国LNG事業と海外原発建設事業からの撤退ついてどう思いますか」の問いに、回答は次のようになりました。
  ・31%…賛成だ
  ・12%…賛成できない
  ・13%…分からない
  ・44%…責任を明らかにすべき
 【添えられていた意見】
   ●今後の損失リスクをかんがみると、 撤退はやむを得ないと思われる。
   ●これら事業の立ち直りの計画が見えないので、継続は不安にしかならない。
   ●原子力は廃炉事業のみに集中し、撤退してほしい。再稼働を期待しているのは間違っている。
   ●これら事業を進めた経営責任(者)を明らかにして、賠償責任を果たしてもらいたい。
「東芝メモリ売却益1兆円で、自社株買いなど株主還元を強化することについて」の問いに、回答は次のようになりました。
  ・19%…納得できる
  ・44%…従業員に還元すべきだ
  ・25%…設備や開発の投資にまわす
  ・12%…どちらともいえない
 【添えられていた意見】
   ●自社株買いで株主還元をするだけでは、東芝メモリを売却した意味が無い。  儲け本意に東芝株を買い売りするファンドを追い出してほしい。
   ●売却益で新しい事業に取り組む。
   ●経営困難ということで賃金がカットされてきました。 生活が厳しいです。 特別一時金の支給をお願いします。
   ●低賃金で働いている雇用延長者にも還元してください。
   ●株主様に還元し、信頼を取り戻すのが先。 従業員に還元したら東芝の評価がますます下がる。
◎回答集計から見えてきたのは、経営の不始末を起こした原因が明らかにされていない。  従業員の犠牲が続いている。  東芝の再生のための(新しい)事業活動に、取り組んでほしいという、従業員の前向きの気持ちでした。
2019/01/23
安易な人員削減を止めて、雇用を守る努力を
−職場アンケートの中間報告2−

 アンケートで、「早期退職募集や人員削減について、どのように思いますか」と問うたところ、以下のような結果になりました。
  ・25%…中高年者をねらった安易な人員削減はやめ、退職勧奨はすべきでない。
  ・25%…本人の意向を尊重して再配置の話し合いをすべきだ。
  ・19%…ベテラン社員の経験・知恵を生かす力量を会社がもつべきだ。
  ・25%…やむを得ない。
 【添えられていた意見】
   ●この先生活が不安、65才まで働きたい。
   ●人材活用を考慮してほしい。
   ●安心して仕事をしたい。
   ●人員削減の目的が見えない。
   ●東芝グループ会社全体で、人材の需給を調査し、適材な社員は移動して、活躍してもらう。
   ●(60才定年後の)雇用延長者は、仕事の能力は高く、しかも最低賃金で働いてくれるので、会社に欠かせない人材と思う。
   ●(60才定年後も)本人の意向が、引き続き働きたいということなら、(例えば)今までやってきた仕事の、マニュアル化、後輩への教育など、活躍の場はあると思う。
『人員削減はやむを得ない』と回答された方は、次のような意見を添えていました。
   ●若い人材を入れていくべきだ。 新しい考え方を取入れていくべき。
◎アンケートの回答集計から見えてきたのは、東芝の成長、発展に力をつくしたい。  誇りをもって働き続けたい。  会社は従業員の雇用を守るために努力してください。  という真剣な声でした。
2019/01/16
5年間で7000人の人員削減に心配の声
−職場アンケートの中間報告1−

 東芝の職場を明るくする会は、「東芝Nextプラン(2018年11月8日)」発表以降、職場アンケートを行い、東芝再生を願う従業員の声を聞いてきました。  アンケートの中間報告第1回です。
 アンケートで、「東芝Nextプラン」が5年間で7000人の人員削減を計画していることをどう思うか問うたところ、 68%の従業員が「安易な計画で納得できない」「人材活用を優先すべきだ」と答えました。  またこの問いに対する意見欄への書き込みも一番多くありました。
 既にリストラが始まり、職場がまるごと別会社になるとか、部が消滅するなどと、具体的に記載がありました。  50才の職制の従業員の方は、次のような意見を寄せています。
●「5年間で東芝全体 7,000 名の人員削減が計画されている。定年や自主退職等の自然減だけでは達成きない人数と思われるうえ、 当 Nextプランが達成できる数値とは思えないことから、今後毎年人員削減が定常化していくのが心配である。」
 明るくする会は、アンケートに寄せられた意見などを基に、リストラの計画や実態を調べてみました。  「東芝Nextプラン」と同時に発表された「構造改革に伴う早期退職優遇制度の実施について」では、 東芝デジタルソリューションズ社(TDLS)で2019年3月末までに60人を早期退職させるとなっています。  実態は、その他にスタッフ部門の約100名を東芝ピーエム社(TPM)に出向させる計画です。  またハードウェアの製造部門を解体して、約600名を移動させる計画です。  これらの計画が実施されると東芝デジタルソリューションズ社(TDLS)では、200名以上の人員削減になります。  該当職場の従業員は一様に不安の声を上げています。
2019/01/08
東芝の工場の警備員になることが希望でした
−東芝セキュリティ(株)の売却にショックを受けた元従業員−

 正月休みに東芝のOB(元従業員)のFさんに会ってお話を聞きました。  Fさんは東芝の東京にある工場の製造部門で働いていました。
 お話の最初に出た言葉は「東芝はどうなっちまんだろうね」と心配の声でした。  Fさんは東芝で働くことを誇りにしていたそうです。  また、Fさんは働く職場について、目標をもっていたことを話してくれました。  それは工場の警備員になることでした。
 Fさんは45歳を過ぎたとき「警備員になりたい(東芝セキュリティ(株)に転籍する)」と会社に申告したそうです。  会社からの返事は「まだ年齢が若い。いまは人員の空きがない。待ってください。」とのことでした。  それでFさんは人員の空きが出ることを心待ちにしていたそうです。
 東芝の警備員は、東芝セキュリティ(株)の所属になります。  その東芝セキュリティ(株)を2018年8月31日に警備業を営む 「セコム(株)」に30億円で売り払ったとお伝えしたら「エッ」とFさんは絶句されました。  Fさんは早期退職制度で50代で東芝を止めました。  そのため警備員になることはできませんでした。  でも自分が働きたい夢に描いていた東芝セキュリティ(株)は、いつまでも東芝にあって欲しかったとのことです。  利益第一主義で、次々と東芝グループ会社を売り払う経営は、働く従業員の誇りや夢を壊しています。  このような経営は、いかがなものかと思いました。
 ★リストラに関することは、なんでも「東芝の職場を明るくする会」にご相談ください★
  粉飾決済、原子力事業の損失、そして主要事業の売却などにより、東芝とその関連会社に
  働く労働者と家族が犠牲にされています。
  職場からは不安や心配の声が出ています。既にいくつかの相談が「明るくする会」に
  よせられています。どんなことでもかまいません。不安や心配なこと、困ったことなど、
  遠慮なく東芝の職場を明るくする会にご相談ください。

  東芝リストラ対策会議、電機情報ユニオン全労連に相談してもかまいません。
  親身になって対応いたします。

 ★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
   1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
   2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
    頑張らせてください。」
と答えましょう。
    会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙っていましょう。
    短気は損気、頭に来たら負けです。
   3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言いましょう。
   4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりんで、
    違法です。そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を明るくする会」
    や、電機・情報ユニオンに相談してください。
2019年春闘
生活改善要求アンケート

 電機懇の生活改善要求アンケート
 にご協力ください。
企業の身勝手なリストラを許さない雇用対策法(投稿)
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
サイト内検索:
AND OR
<<知って役立つ情報>>
−−情報一覧−−
2018年の情報一覧
他年度の情報・資料
2019/02/12  人材を活用した経営努力を
          −−パワハラ早期退職募集は許せません−−
2019/02/05  事業の企画力強化、具体化、および社風の改善が急務
          −−職場アンケートの中間報告4−−
2019/01/30  経営困難に至った原因を明らかにし、従業員の努力に報いよ
          −−職場アンケートの中間報告3−−
2019/01/23  安易な人員削減を止めて、雇用を守る努力を
          −−職場アンケートの中間報告2−−
2019/01/16  5年間で7000人の人員削減に心配の声
          −−職場アンケートの中間報告1−−
2019/01/08  東芝の工場の警備員になることが希望でした
          −−東芝セキュリティ(株)の売却にショックを受けた元従業員−−
2018/12/22  リストラで退職の道を選んだ30代の(元)従業員
          −−これから先の生活を考えると不安です−−
2018/12/12  働く者の生活向上と社会貢献の道に活きる「東芝N e x t プラン」にしましょう
          −−明るい会が東芝の事業所門前で宣伝−−
2018/12/05  「東芝Nextプラン」の「サイバー技術とフィジカル技術を融合して…」は既存でした
          −−「東芝Nextプラン」発表後の職場のようす−−
====================================
職場だより
投 稿
行動レポート
支援活動
職場アンケートから
職場アンケート(1)2017/10/08
〜職場アンケート(4)2017/10/28
●東芝の労務管理と秘密組織「扇会」の検証
 上司にモノが言えない社風を作った(1)〜(4)
●消え行く東芝青梅工場●
●新聞記事より●
2017年8月、9月配布ビラ −原発失敗のツケを労働者や取引企業にまわすな−
2018年配布ビラ
東芝&TDSLは出向や退職勧奨の面接強要やめよ。
東芝はグループ会社移籍後の雇用と労働条件を守れ。
東芝は人材を生かして再生を。パワハラ面談を禁止せよ。
無期転換ルール
  「しんぶん赤旗」から
  無期転換ルール(1)
  無期転換ルール(2)
  無期転換ルール(3)
  無期転換ルール(4)
  無期転換ルール(5)
 有期雇用で5年働いた労働者が
 無期雇用(正社員)への転換を
 企業に求めることができる仕組
 みが2018年4月から発動します。
無期転換逃れをただせ
  「しんぶん赤旗」から
  無期転換逃れをただせ(1) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(2) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(3) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(4) 2/4付
  文科省に申し入れ 2/8付
  KBS京都組合員3人を無期転換 2/11付
  無期転換逃れをただせ(5) 2/12付
  (5)の続き 2/12付
東芝の職場を明るくする会   連絡先 TEL044-555-4190 メール akaruku-tsb@kki.ne.jp