<労働相談>
   労働問題で、悩みや困っている方、
   何か相談したい場合など、
   以下に連絡してください。
 ☆東芝の職場を明るくする会
     TEL 044-555-4190
     メール akaruku-tsb@kki.ne.jp
 ☆電機情報ユニオン
 ☆電機労働者懇談会(ELIC)
<会の紹介>
 ☆会則
 ☆連絡先
 ☆親睦・交流
 ☆文芸の部屋
 ☆リンク・資料

東芝傘下で働く皆様へ訴えます。
 東芝は子会社、関連会社を含めてそこに働く社員を退職させようと迫っています。  経営者の経営失敗の責任を、正直に働く労働者に犠牲を押し付けています。  これを、撥ねつけようではありませんか?  一人で悩むより、まずは第一歩として、「東芝の職場を明るくする会」や 「電機情報ユニオン」に連絡してください。

★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
  1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
  2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
   頑張らせてください。」
と答えましょう。
   会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙って
   いましょう。    短気は損気、頭に来たら負けです。
  3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言い
   ましょう。
  4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりん
   で、違法です。 そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を
   明るくする会」や、電機・情報ユニオンに相談してください。
2019年春闘
生活改善要求アンケート

 電機懇の生活改善要求アンケート
 にご協力ください。
転籍協定書
雇用対策法
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
最新情報
福島原発被害は今も続く
2018/12/05
「東芝Nextプラン」の「サイバー技術とフィジカル技術を融合して…」は既存でした
−「東芝Nextプラン」発表後の職場のようす−

 2018年11月8日、東芝は、会社再建のための「東芝Nextプラン」を発表しました。  発表以降の職場のようすや、「東芝Nextプラン」の内容について、従業員の皆さんに聞きました。
 「東芝Nextプラン」では、東芝の目標として「サイバー技術とフィジカル技術を融合して社会的な課題の解決に貢献する企業になる」 と述べています。  これについて質問した従業員の皆さんは、「サイバー技術」や「フィジカル技術」については、知っていました。  「東芝は他社と比べて遅れている」と言っていました。  東芝が遅れている理由については、「粉飾決算で社内がごたごたしていたため、取り組む方針や投資ができなかったからとの意見がありました。
 粉飾決算や、原子力事業子会社ウェスチングハウス社の巨額損失が原因で、リストラが行われ、 2016年3月には東芝グループで1万数千人が会社を辞めました。  その後もリストラが続いています。  それで東芝の経営陣に嫌気がさした若い有能な技術者も辞めてしまったとの意見がありました。  「物言えぬ風土」「上司に逆らえない空気」などの社風は、改善が進んでいないとのことです。
 経営陣や会社幹部は、「現場、現物、現実、原理、原則」で行動してほしいとの意見がありました。 (机上や言葉で経営陣や会社幹部は、このことを言うが行動が伴っていないという、現実の指摘でした。)
 東芝デジタルソリューションズ社では、企画部門の従業員を、さらに60人もリストラすると発表しています。  首切りの面接が1月から始まるのかなと、不安の声が出ました。
 「東芝Nextプラン」を活かしていくには、従業員の力がたよりです。  首切りのリストラは止めるべきです。
2018/11/27
うつ病の従業員は解雇できる
−就業規則を改悪し書き込む−

 東芝デジタルソリューションズ社 (TDSL)は、このほど就業規則を改悪しました。  会社は従業員に対して「就業規則が改定されました。」と通知しただけです。  これだけでは、どのような改定か分かりませんでした。  細部まで読み込んだ従業員は「えっ」と驚きました。
 内容は、解雇の項目に「うつ病の社員」が追加されていました。
 職場ではメンタル障害(うつ病など)になる従業員が増えています。  原因は過重なノルマ、慢性的に続く長時間過密労働などです。  会社のために一生懸命働いたのに、「うつ病」になったら解雇される。  これでは従業員の使い捨てだと、職場から動揺の声が上がりました。
2018/11/21
これ以上の人減らし解雇は止めてください
−「構造改革に伴う早期退職優遇制度」は問題です−

 2018年11月8日、東芝は、会社再建のための「東芝Nextプラン」を発表しました。  同時に「構造改革に伴う早期退職優遇制度の実施について」も発表し、2019年3月末までに約1,060人の従業員を解雇すると述べました。
解雇する約1,060人の内訳は、以下のとおりです。
 ・東芝本社関係 約200人
 ・東芝エネルギーシステムズ社 約800人
 ・東芝デジタルソリューションズ社 約60人
 2016年3月には東芝グループで1万数千人を解雇しており、「人が減って仕事が処理しきれない」という悲痛な声や、 「経営(者)の失敗なのに、従業員をリストラするのか」と怒りの声が上がったりしています。  これ以上の解雇リストラは許せません。
 東芝エネルギーシステムズ社京浜事業所の従業員は、「これ(構造改革に伴う早期退職優遇制度)で肩たたきですよ」と言い、 「でも辞め(られ)ないですよ」とも言いました。  これを聞いた先輩従業員は「しぶとく会社にいた方が良い」と応じ、「雇用リストラから身を守るには、しぶとく闘う以外に方法はないですね」と言いました。
2018/11/14
「東芝Nextプラン」を活かすには、その4
−若手とベテランの融合で性能、品質、サービスの優れた製品の創出を−

 2018年11月8日に発表された「東芝Nextプラン」には、東芝グループの成長に向けた若手従業員の提言が載せられていました。
 若手が生き生き活動する活気ある会社は、成長と将来性が見込まれ、良いことです。  1875年(明治8年)創業の東芝は、若手従業員が職場の先輩や同僚と学び合い、技術の交流・向上を図ったり、 また上司と率直な意見交換をして、仕事を進め、働く意欲や創造力を発揮して、仕事に打ち込んできました。  それは優れた技術、高い製造品質作りにつながり、東芝の発展を支えてきました。
 ところが2000年代に入ると、「仕事の成果を上げれば賃金が上がる」という説明で、成果主義賃金が導入されました。  それから15年以上たちましたが、結果は賃金は上がらず、福利厚生費も削られました。  一人ひとりの能力を最大限に発揮してもらうという言い方で、職場では人員が削減され、 長時間過密労働が慢性的に続き、過労によるメンタル障害(うつ病など)が増えました。  成果主義賃金で競争されられるので、職場の人間関係がしっくりいかなくなる、 各自が知識・技術・ノウハウを囲い込んでしまうので、職場組織全体の技術レベルがアップしないなど、マイナス面が生まれ、職場が荒廃しました。  このような成果主義賃金制度は、止めるべきです。若手もベテランも協力しあい、生き生き働ける処遇が必要です。
 「東芝Nextプラン」で、これからの東芝は、社会インフラ事業に注力して成長を目指すと述べています。  社会インフラ事業の特徴は、最初の仕事が、お客様との製品仕様の打ち合わせから始まることです。  これが重要な作業です。仕様(書)に製品性能、納品日程、保守サービスに至るまで、細かく明示して、お客様と契約しなければなりません。  仕様(書)に不備があると、製品の製造段階や納品後に、問題が起きる確率が高まります。  問題の内容によっては、東芝側が損失(赤字)や責任を負うことにもなります。  したがって、しっかりした仕様(書)を作らなければなりません。  そのためには、経験と知識が豊富なベテラン従業員が必要です。
 社会インフラ事業を担う中核は、東芝デジタルソリューションズ社です。  ところが会社は、2019年3月末までにデジタルソリューションズ社の従業員を、早期退職で60人削減すると発表しました。  デジタルソリューションズ社では、2018年3月にも300人の従業員を早期退職で解雇したばかりです。  これから注力する事業部門の従業員を減らすなど、とんでもないことで絶対に許されません。
2018/11/12
「東芝Nextプラン」を活かすには、その3
−正しいことが言えて働く意欲や創造力が発揮できる職場に−

 原子力発電機事業へ巨額な資金の投入は、東芝の経営体力を圧迫する大きな負担になり、ついには資金繰りなどで行き詰まり、 東芝の経営は危機的状況におちいりました。  それを隠すため当時の西田社長、佐々木社長らは、2009年度から決算報告を不正に処理して、7年間で 1,500億円を超える利益の積み増しを行っていました。  その粉飾決算は2015年4月に明るみになり、大騒ぎになりました。  2016年12月には、原子力事業子会社であるウェスチングハウス社の7,000億円の巨額損失も発覚しました。
 粉飾決算を調査した「第三者委員会」の 報告書は、不適切会計の原因の一つに 「上司の意向に逆らえない企業風土があった」と 指摘しています。
 東芝は労務管理に(元)公安警察官を雇い入れて、社員を監視する秘密組織(扇会)を作りました。  自主的な意見を持つ社員や、自主的な労働組合活動をする社員を監視し、排除し、賃金や社員資格を低く抑えて見せしめを行いました。  社内教育では、労働組合法に基づく自主的な 労働組合活動の敵視や、個人の自由な考えの抑圧、 会社の意に従って働くことを強いるなど、 人権や法律を無視する教育を行いました。  このようにして、職場で自由に物を言えなくし、会社の 意のままに黙って働く社員を作ってきました。  いますぐ、秘密組織(扇会)を解散させて、社員の監視をやめて、自由闊達に物が言えて、働く意欲や創造力が発揮できる職場にしましょう。
2018/11/11
「東芝Nextプラン」を活かすには、その2
−良い製品を造ることが会社の成長と安定につながります−

 1875年(明治8年)創業の東芝は、「良い製品を 早くお客様に届ける」という、お客様第一で事業 を展開して、成長してきました。
 2000年代に入ると東芝は、経営を「株主に利益を 還元する企業に」という株主第一主義、利益第一 主義に変えてしまい、 株主への配当を増やすため に、目先の利益が上がる事業のみに目を向けるよ うになりました。  そして選んだのが原子力発電機事業でした。
 2006年2月に米国の原子力発電機会社「ウェスチングハウス」を6,210億円 という時価の3倍もの金額で買収しました。  原子力発電機事業に投資を集中させたため、総合電機メーカー東芝の他の事業への投資は削られ、開発費も人も削減されていきました。  歪んだ投資が続いたため東芝の技術力、製造力は停滞しました。
 小向事業所で通信機器関係の仕事をしている社員は、「製品作りに必要な開発設計費が確保でなくて困った」と話していました。  府中事業所で電力制御盤の設計、製造の仕事をしていた社員は、「当面の(受注の)設計、製造に追われるばかりです。 使用する電力制御用の部品も、社内(自部門)で開発しなくなり、外からの購入になりました。  そのため競合他社の製品と比べて、モデルチェンジが遅れ、競争力が落ちました。  後発組の状態です。  以前のように、先行で開発ができ、どこにも負けない電力制御盤を造って行きたいです。」と話していました。
 メーカーは、工夫と努力によって良い製品を造り、世界の消費者に使っていただくことが、会社 の安定と成長につながります。  創業時に掲げたメーカーの原点に戻り、東芝の再生を図りましょう。
2018/11/10
「東芝Nextプラン」を活かすには、その1
−働く一人ひとりを大切にして、東芝の再生を−

 2018年11月8日、東芝は、会社再建のための「東芝Nextプラン」を発表しました。  社会インフラ事業、電子デバイス事業を強化して、再建を図ると述べています。  また経営の足かせになっている米国の液化天然ガス事業、海外の原子力新規建設事業から撤退することも明示しました。  これらの内容は評価できますが、しかし早期退職制度を実施して約1,060人の従業員を削減すると述べています。  とんでもないことで絶対に許されません。
 東芝の高い技術や品質を支えている従業員こそが、会社を再生する力です。  その優秀な 人材を削減するのは、話があべこべです。  2016年3月には東芝グループで1万数千人、2018年3月には東芝デジタルソリューションズ社で300人を早期退職で解雇しました。  明るい会が実施したアンケートへの回答には、「早期退職で優秀な人が辞めた」「若い人も辞めて行った」 「人が減って仕事が処理しきれない」という悲痛な意見が、職場の皆さんから寄せられました。
2018/11/03
働く一人ひとりを大切にして、東芝の再生を
−アンケートから見えてくるもの・その2−

 東芝の職場を明るくする会は、東京・神奈川・千葉・三重(四日市)の東芝グループ事業所の門前で、ビラ・アンケートを配布してきました。  その結果、20代から60代の従業員の皆さんから、様々なご意見が寄せられました。  それらのご意見を、掲載します。(順序不同です)
●危機の回避に向け全社一丸になる必要がある。
●右にならえという人が多く、反発や不満を言うと相手にされなくなる。  おかしいことでも当たり前のようにまかりと通ってしまう。
●(東芝グループ会社なので東芝本体の)言われたことに逆らえず、余計な仕事が増える一方です。  (東芝本体の担当者から)パワハラを幾度となく受けていて、会社に相談したが、何の対応もされずにいます。
●東芝本体の社員だけを守るのではなく、グループ会社や協力会社の、派遣や請負の社員の雇用も守ってほしい。  売却した事業部門の派遣社員を解雇するのは反対です。
●給料が下がり、相変わらずパワハラが許されており、嫌気がさした仲間が東芝を去っています。  ぜひ皆で頑張って、会社を支えていきたい。
●正直に働く従業員のために、今後も活動を継続してください。
●ファンドの先の見えない指示に従って何があるのか。  長期的に成長できる企業戦略を立てて、東芝の経営を回復していくべきです。
●分社化は、グループ内契約の煩雑化、諸業務の増大など、グループ本来のスリム化の課題に背を向けている。  このような経営では東芝の再生は困難です。
●経営陣だけだはない、末端の組織にもプレッシャーやパワハラの風土が根づいてしまっている。  若手社員は、未来に絶望している。
●2014年に、東芝グループA社から、東芝グループB社に出向し、その後、転籍しました。  元の会社も人員減で大変と聞いています。  47名で転籍してきましたが、その後自己都合退職の形で10名の方が辞めて行きました。  私の現職場での個々の人たち(同僚・上司・後輩)は良い人たちばかりですが、組織としては雰囲気は悪く、閉塞感・息苦しさを感じる毎日です。  顧客からの修理受付業務には、その悪い雰囲気を出さない様、励んでいます。  修理機の修理はもちろんお客様の心・気持ちも修理(直す)する気持ちで対応しています。
●年齢の高い方ほど、小学生レベルの道徳ができていない。  仕事の決まりを守らないで、言われればその時だけ、口先だけです。  それを見て下の者が見習ってしまい、悪循環になっています。
●東芝本体の不正会計の影響で、グループ会社への監査が厳しくなり過ぎてしまい、本来の業務に支障をきたしている。
●会社を辞めるのは好い奴ばっかり。  管理者は部下に命令するだけ、下からの提案を受け入れる度量がない。
●31年間働いてきたが、良い点は思い浮かばず、無理を強いられるだけの思い出しか無い。  客先にうそをつく体質が改善されない限り、東芝の向上は無い。
●東芝メモリ社の社員です。  ウェスチングハウス社の損失を補うために売却されるのは、納得いかない。  他に責任を取るべき組織があるはずだ。
●リストラで人が減った分、残った人への負担が大きい。  粉飾問題以降部品の入荷などフォローが大変。
●社員はリストラされて路頭に迷ったり、収入が激減している。  その一方で不正にかかわった幹部たちは、退任しても子会社へ天下りしたり、平然としていることが非常に腹立たしい。
●原発と軍需産業に頼る国策会社から経営方針を転換しなくては、東芝の再生はない。  技術と人を再生エネルギー分野に投入して、真に社会の役に立つ企業になることを願う。
●女性差別、年齢差別、会社施策に意見を言う社員へ、会社は圧力をかける。
●形式だけのコンプライアンス教育、見せかけの成果発表展など、形式的、虚飾の業務を廃止すべきです。
●コーポレートも、分社も、グループ会社も、派遣社員も、オール東芝で一つになってやってきたのに。  今は個々に分断され、コミュニケーションが無くなり、業務に影響している。
●北上事業所(岩手県)への異動の話も「行くのか」「会社を辞めるのか」と、断わることは出来ないという感じでした。  個人の都合は、やはり通じないんだなと思いました。
●中途採用の社員でも、区別することなく、組合の意義が感じられ、活動にも参加できるように願いたい。  残業時間の削減などを進め、心身ともに健康で生活できるように。
●見た目のパフォーマンスだけでは、大企業の体質は直らない。  スピードが大事な時です。  現場に権限を与えられる思い切った経営ができる本社になってほしい。  一般社員の現実は、過重労働で、給与が減っています。
●子供の教育費がかかる年になってきたが、収入が上がらず、地位も低いままで、モチベーションが上がらない。  仕事の成果を、正しく評価し、ふさわしい人が昇進・昇格しているとは思えない。  評価基準も分からない。  会社のために頑張ろうという気がおきない。
●そもそもハラスメントが何かをわかっていないと思います。  「ハラスメント」「メンタルヘルス」等々言葉の意味を理解していないのではないでしょうか。
●責任者は「コミュニケーション」が必要と言いますが、改善されていません。  例えば、上司たちも「会社のことを悪くかけないから書きずらい」と言う会話をしております。  何か問題があると「報告がないからとか、報告書の書き方が悪いから分からなかった」と部下に責任を押し付けるセルフがよく聞こえます。  「それが直すべき風土?」と思えます。  改善が進まない体たらくぶりには心底がっかりしています。
2018/11/01
東芝の企業風土の改善は進んでいない
−アンケートから見えてくるもの・その1−

 東芝の職場を明るくする会は、東京・神奈川・千葉・三重(四日市)の東芝グループ事業所の門前で、ビラ・アンケートを配布してきました。  その結果、20代から60代の従業員の皆さんから回答をいただきました。  その集計結果をお知らせします。
 @経営幹部は粉飾問題・巨額損失の責任を果たしていますかの問に対して、犠牲を社員に押付けている、反省の態度が見えないとの回答が70%以上です。
 A転籍・出向など職場の異動の有無について聞いたところ、東芝メモリ社では40%の方が異動があったとの回答。
  「これ以上にらまれて異動が増えると、心と身体も壊れてしまう」
 など悲鳴に近い声が寄せられました。
 B業務の過重負荷や過度なプレッシャーの有無について聞いたところ、「大いにある」「少しある」を合わせて64%になりました。
  「押付けばかりで上司が信じられない」
  「休憩・休息が無くなってきてサービス残業が増えている」
  「仕事量が増え、経験不足」
  「日本の半導体産業縮小の中、若手の層が薄い」
  「残業が定常化している事には疑問です」
  「人が減っているのに、仕事が増えた」
  「上司のパワハラがひどく、またそれが許されております」
  「人員減でも業務の煩雑化を処理する管理職の努力・能力が不足しておりなし崩しになっている」
  「少しの条件の悪さぐらいで安易に退職はできない、だが環境は劣悪」
  「リストラで人数が減少、ワーク量は増えたが残業も規制され、収入は増えない」
  「人が減る一方なのに仕事は減るわけでもなく、個人の仕事量が増加している、定時間日でもサービス残業になっている」
 C東芝の社風・改善は進んでいるかの問いにたいしては、90%以上の方は、改善が進んでいないとの回答。
  「何も変わっていない」
  「上から言われたから黙ってやれ!みたいな指示ばかりのマネージャが多い」
  「気に入る部下と、そうでない部下に対する接し方に差がある」
  「トップへの報告が重要視されすぎている、口裏合わせになる」
  「分業化が進みチームワークが少なくなっている」
  「自分さえよければ、今さえよければの風潮がある」
  「自由に上司に意見できないところ、過去の考え方を変えないところ、個人に全責任をおわせる風潮がある」
以上、残りは引き続きご報告とます。
 ★リストラに関することは、なんでも「東芝の職場を明るくする会」にご相談ください★
  粉飾決済、原子力事業の損失、そして主要事業の売却などにより、東芝とその関連会社に
  働く労働者と家族が犠牲にされています。 さらに半導体(NAND型フラッシュメモリ)事業の
  売却と東芝の分社化によるリストラが予想されます。
  職場からは不安や心配の声が出ています。既にいくつかの相談が「明るくする会」に
  よせられています。どんなことでもかまいません。不安や心配なこと、困ったことなど、
  遠慮なく東芝の職場を明るくする会にご相談ください。

  東芝リストラ対策会議、電機情報ユニオン全労連に相談してもかまいません。
  親身になって対応いたします。

 ★★退職強要をはねかえす4ヶ条★★
   1)「私はこの会社に残ります」   ...この一言が、あなたと家族を守ります。
   2)「会社は大変だ」と言われたら、「私の生活も大変です。会社復活のために
    頑張らせてください。」
と答えましょう。
    会社の説得に詰まったら、とにかく「辞めません」と言い続けて、後は黙っていましょう。
    短気は損気、頭に来たら負けです。
   3)会社が強引に「退職同意」を迫ってきたら「やめてください」ときっぱり言いましょう。
   4)退職に「同意するまで面談する」「応じなければ仕事はない」は人権じゅうりんで、
    違法です。そのようなことがあったら事実をメモしておき、「東芝の職場を明るくする会」
    や、電機・情報ユニオンに相談してください。
2019年春闘
生活改善要求アンケート

 電機懇の生活改善要求アンケート
 にご協力ください。
企業の身勝手なリストラを許さない雇用対策法(投稿)
 日本には、雇用対策法という法律があって、企業が好き勝手にリストラをしないよう歯止めをかけています。
サイト内検索:
AND OR
<<知って役立つ情報>>
無期転換ルール
  「しんぶん赤旗」から
  無期転換ルール(1)
  無期転換ルール(2)
  無期転換ルール(3)
  無期転換ルール(4)
  無期転換ルール(5)
 有期雇用で5年働いた労働者が
 無期雇用(正社員)への転換を
 企業に求めることができる仕組
 みが2018年4月から発動します。
無期転換逃れをただせ
  「しんぶん赤旗」から
  無期転換逃れをただせ(1) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(2) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(3) 2/2付
  無期転換逃れをただせ(4) 2/4付
  文科省に申し入れ 2/8付
  KBS京都組合員3人を無期転換 2/11付
  無期転換逃れをただせ(5) 2/12付
  (5)の続き 2/12付
   東芝リストラアンケートにご協力ください。
  メール:denkiunion@gmail.com
  〒142-0043 品川区二葉2-20-8 電機・情報ユニオン宛
−−情報一覧−−
2017年の情報一覧
他年度の情報・資料
2018/11/12  「東芝Nextプラン」を活かすには、その3
          −−正しいことが言えて働く意欲や創造力が発揮できる職場に−−
2018/11/11  「東芝Nextプラン」を活かすには、その2
          −−良い製品を造ることが会社の成長と安定につながります−−
2018/11/10  「東芝Nextプラン」を活かすには、その1
          −−働く一人ひとりを大切にして、東芝の再生を−−
2018/11/03  働く一人ひとりを大切にして、東芝の再生を
          −−アンケートから見えてくるもの・その2−−
2018/11/01  東芝の企業風土の改善は進んでいない
          −−アンケートから見えてくるもの・その1−−
2018/10/30  長時間過密労働が原因でうつ病に
          −−うつ病を発生させない労働環境を−−
2018/10/21  30年間一生懸命働いてきました
          −−従業員は宝です。使い捨ては止めてください−−
2018/10/14  リストラで会社を辞めたけど、再就職がまだできません
          −−不安がつのる東芝デジタルソリューションズ(TDSL)の元従業員−−
2018/10/06  10月1日もこれまでと変わらない出社風景
          −−東芝クライアントソリューション社−−
2018/09/24  賃金と勤務地のことを心配しています
          −−売却されるパソコン事業の労働者−−
2018/09/16  パソコン事業の新たな発展を
          −−東芝クライアントソリューションで働く労働者を激励−−
2018/09/08  こんなリストラは許されない
          −−400kmも離れた遠隔地への派遣に応じられなければ、会社を辞めろ−−
2018/08/30  パソコン事業部門の青梅工場(事業所)閉鎖から1年6ヶ月
          −−元従業員に会いました。−−
2018/08/22  雇用が守られるか、それが一番心配です。
          −−パソコン事業部門の従業員に聞きました。−−
2018/07/31  「過重労働なのに「緊急対策」で給与が減り、生活がたいへん
          −−東芝メモリ社の従業員アンケートの結果からA−−
2018/07/30  「粉飾問題・巨額損失」の犠牲が従業員に押し付けられ、進まない社風の改善
          −−東芝メモリ社の従業員アンケートの結果から@−−
2018/07/22  全住民が避難した町
          −−大熊町、双葉町−−
2018/07/15  東芝、パソコン事業をシャープに売却
          −−職場から不安の声があいつぐ−−
2018/07/01  東芝株主総会開かれる
          −−人材を活かし東芝再生を計れ−−
2018/06/25  帰還困難区域と居住制限区域で分断の町
          −−富岡町−−
2018/06/17  半導体メモリ事業の成長・発展を願って
          −−東芝メモリ四日市工場前で明るい会が宣伝−−
2018/06/10  原発事故で非難した先が、最も放射能汚染された所だった
          −−浪江町−−
2018/06/01  東日本大震災・福島第一原発事故から7年
          −−原発周辺地域は、田んぼが雑草・雑木で荒廃−−
2018/05/27  「働かせ方」の大改悪は止めてください
          −−8時間働けばふつうに暮らせる社会の実現を−−
2018/05/20  労働者派遣会社に出向させられた社員
          −−1年後の自分はどうなるのか、先が見えず不安の日々−−
2018/05/02  5月1日メーデー「世界の労働者の日」
          −−明るくする会は、今年も元気に参加−−
2018/04/30  社員の年齢や、市場の技術動向を見極めて
          −−社員を適材適所に配属して活用を−−
2018/04/23  働く意欲や創造力が発揮できる会社組織に
          −−東芝の再生を願う職場の声−−
2018/04/15  本心は60才定年まで働きたい
          −−早期退職の従業員のつぶやき−−
2018/04/08  毎日忙しく仕事をこなしながら頑張る従業員たち
          −−東芝再起へ経営幹部は責任を持ってあたってほしい−−
2018/04/01  事業の切り売りに不安の声、社風の改善を望む強い要望
          −−職場アンケートの回答から見えるもの(3)−−
2018/03/25  従業員の生活を破壊する首切りリストラは問題
          −−職場アンケートの回答から見えるもの(2)−−
2018/03/24  進まない社風の改善、社員をたいせつにして東芝の再生を
          −−職場アンケートの回答から見えるもの(1)−−
2018/03/16  リストラされれば生活が破壊します。
          −−リストラの対象にされた社員の声−−
2018/03/06  こんな首切りは許されない(3)
          −−「退職勧奨マニュアル」の手口で、社員を退職に追い込む非情さ−−
2018/02/26  30年間実直に働いてきたのに、解雇とは
          −−会社のひどい仕打ちに、声を詰まらせる従業員−−
2018/02/20  こんな首切りは許されない(2)
          −−派遣会社に出向させ、1年後に転籍・解雇−−
2018/02/16  人材を生かして東芝の再生を
          −−明るい会のビラに共感の声−−
2018/02/15  仕事があるのに人減らしをするなんて
          −−東芝デジタルソリューションズ (TDSL)のリストラは違法−−
2018/02/04  こんな首切りは許されない
          −−派遣会社に出向させ、1年後に転籍・解雇−−
2018/02/01  東芝病院の雇用と労働条件を守れ
          −−明るくする会が病院前で宣伝−−
2018/01/27  東芝病院の人間ドック利用料金が大幅値上がり
          −−東芝健康保険組合が補助金を減らしたため−−
2018/01/22  東芝デジタルソリューションズのリストラは許しません
          −−川崎労連、府中労連、立川労連、三多摩労連に支援を要請−−
2018/01/16  東芝デジタルソリューションズ300人のリストラは止めろ
          −− 東芝明るくする会がソリューションセンター府中東芝ビル前で訴え−−
2018/01/10  東芝の企業としての社会性
          −−年末年始に、帰省先や友人たちに聞かれたこと−−
====================================
職場だより
投 稿
行動レポート
支援活動
職場アンケートから
職場アンケート(1)2017/10/08
〜職場アンケート(4)2017/10/28
●東芝の労務管理と秘密組織「扇会」の検証
 上司にモノが言えない社風を作った(1)〜(4)
●消え行く東芝青梅工場●
●新聞記事より●
2017年8月、9月配布ビラ −原発失敗のツケを労働者や取引企業にまわすな−
2018年配布ビラ
東芝&TDSLは出向や退職勧奨の面接強要やめよ。
東芝はグループ会社移籍後の雇用と労働条件を守れ。
東芝は人材を生かして再生を。パワハラ面談を禁止せよ。
東芝の職場を明るくする会   連絡先 TEL044-555-4190 メール akaruku-tsb@kki.ne.jp